スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

191年26日~30日『こんなのって……あるかい……?』



26日。
ベッドから起き上がろうとするアタシを、エルのぶっとい腕が捕まえる。
……このパターンは、もしかして……


QUKRIA_SS_0357_2017011103141875a.jpeg


や、やっぱりかっ……!

「ア、アタシはさっさと起きて朝飯が食いたいんだよっ」
「なぁに、しっぽり睦み合ってりゃあ、腹減りの虫もどっか行っちまいやすよ♪」
「んなワケあるかい! アタシは腹が減って、」
「あーねさん♪ あんまり騒ぐとペティが起きちまわァ」
「!? うぅ~~……!」

そう言われちゃ、大人しくするしかなくなるじゃないか……!
エルのヤツ、いつの間にそんな悪知恵なんざ付けやがったんだい……!?


続きを読む »

スポンサーサイト

191年21日~25日『次こそはいい試合を見せてもらいたいもんだよ』



21日。
今日は4年振りの白夜の日だ。


QUKRIA_SS_0305_20170111031227067.jpeg


「アタシがバグウェルと戦ってから、もう4年も経つんだねぇ……」
「時が経つのァ、早ぇもんでござんすねェ。バグウェルに勝って龍騎士になりなすった姐さんは、そりゃあ格好良ござんした」
「今となっては昔のコト……ってヤツさ。今のアタシは、闘士でもなけりゃ龍騎士でもない。只の女房で、母親だ」
「へへッ、そうでござんすねェ♪」

この、何でもない普通の生活が、毎日とても愛おしいんだよ。
1人で気ままに浴びる程の酒をカッ喰らって暮らして、たまに魔獣ブッ倒してたあの頃とは、本当に比べ物にならないくらい幸せなんだ。


続きを読む »

191年16日~20日『ベルカタルト……だって……!?』



16日。

「お待ち遠さまでごぜぇやす、姐さん! ささ、朝飯にしやしょう♪」

エルがテーブルの上に出してきたのは、お得意のガゾのビスクだ。
ま、見て確認しなくたって匂いで判ってたけどね。


QUKRIA_SS_0242_201701110309558d9.jpeg


「いただきます」
「いただきやすッ♪」

……うん。
エルの作ったビスクは、今日も美味いよ。


続きを読む »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。